家計アドバイザー協会ブログでは、家計に関する様々なデータをもとに、皆様にお役立ちトピックスとしてご紹介しています。 今回は「130万円の壁って何?どう変わるの?」についてです。

 

今回は家計調査からちょっと離れて、昨今マスコミ報道等でもよく言われている「103万円の壁」「130万円の壁」について解説をします。

まずは「103万円の壁」から。これは自分の所得額により配偶者(厳密にいうと配偶者に限らず親・子・兄姉でもよい)の扶養から外れることにより配偶者の所得税が重くなるという問題ですので、基本的に働く本人の収入に影響はありません。(厳密にいうとパート収入で103万円を超えると所得税・住民税がかかってくるので影響が無くは無いです)この「103万円の壁」は見直しが検討されたものの、一旦棚上げになったので少なくとも来年は現行制度が続くことになりました。よって詳しい解説は別の機会にいたします。

一方「130万円の壁」は、自分の収入により配偶者の扶養から外れ、自分の社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)を支払うことになるので自分の収入に影響が出る(=配偶者の収入に影響なし)ことになるということです。健康保険・厚生年金保険では年収130万円未満でかつ被扶養者の年収の半分未満の場合配偶者の扶養家族とカウントされ、自分で保険料を払う必要がありませんでした。しかし、今年(2016年)10月より
○一週間の所定労働時間が20時間以上(週4日勤務で一日5時間以上)
○月額給与が88,000円以上(年換算で105.6万円以上)

○勤務期間が一年以上

○従業員数501名以上の企業に勤務

○学生ではない

の全ての条件を満たす場合、自分の健康保険料・厚生年金保険料を納めるように制度が改定されました

ではどのくらい影響が出るのでしょうか。大阪府在住のパート職員A子さん(42歳)を例にとって見ましょう。

週20時間勤務の彼女は会社員の夫と子供が二人、パート先の従業員は600名で協会けんぽに加入(勤務先に健康保険組合がない)、月給88,000円(=年収105.6万<130万)。

2016年9月までは健康保険・厚生年金保険ともに被扶養者扱いになり保険料負担は0でした。しかし、10月から
●厚生年金保険料:月8,000円

  • 健康保険料:月5,126円

計13,126円を払うことになります。給料の約15%が社会保険料として徴収されることになります。
(参照:全国健康保険協会HP:https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3150/h28/h28ryougakuhyou10gatu

※リンク先の料率表の厚生年金保険料率は全国一律ですが協会けんぽの健康保険料は都道府県によって異なります。また、被保険者の年齢が40歳以上か未満でも料率がかわりますのでご留意ください。さらに勤務先に健康保険組合がある場合は組合によって料率が異なります。あくまで目安としてご覧ください。

 

パート収入にも社会保険料負担が増し、来年10月には消費増税(8%→10%)が予定されています。家計の面からみると「非消費支出」が今後さらに増大することが見込まれる昨今、ますます財布のヒモを堅くせざるを得ない状況が続きます。アベノミクスの恩恵に浴することが出来るのはいつの日か・・・